banner

廃車手続き

運輸局で行う廃車手続き

運輸局つまり運輸支局で廃車や移転登録、ナンバープレートの変更やその他の変更登録などを行えるのは普通自動車だけです。つまり、ナンバープレートが緑色の営業用か白色の自家用車についてのみここで手続きを行うことができるわけです。軽自動車に関しては軽自動車検査協会で行っています。自動車には名義が設定されており、その名義人等の登録内容は車検証に記載されているとおりですが、この車検証の記載内容についての取り扱いを行っているのが運輸局ということになります。なお、自動車関係におけるその他の手続きなども運輸局が行っているところで、たとえば営業用として使用される普通自動車については、営業枠と呼ばれる数が限定されているのですが、その枠の変更などもこの運輸局で取り扱いをしています。

自動車には名義がありますが、その名義人が自動車を完全に廃車する場合には、この運輸局などで手続きを行わなければなりません。所有者の印鑑登録証明などの必要な書類をそろえて、廃車手続きを行う流れとなります。もし、廃車する人が使用者の場合は、所有者の了解を得なければならず、所有者の印鑑登録証明を取り寄せてからの手続き申請となっています。廃車の際によく問題となるのが、所有権留保付き売買つまりローンでその自動車を購入していた場合です。このローンでの購入については、ローンが残っている場合には所有権の留保を解除してもらえません。そのため、印鑑登録証明の取得が出来ません。つまり、廃車手続きが出来ないということになりますので、まずはローンの返済を終えてから所有者に対して印鑑登録証明を取得するという流れとなってきます。

廃車にかかる手続きは平日にしかこの運輸局が開いていませんので、なかなか個人では手続きに赴くのは厳しいのが現実です。したがって、代理申請を業務でできる行政書士に依頼して行うことになりますが、自動車本体をスクラップにしたい場合には行政書士ではなく解体業者に依頼することになります。二度手間になり面倒という話もありますので、自動車業者に任せるのが一般的となっています。行政書士はその業務として有償で役所に対して届出を行うことが可能な国家資格です。そのため、この手続きを委任しても安心して手続きをしてもらえます。代行申請にかかる費用もそれほど多額ではなく、数千円程度で済む場合も多くあるため、文字自分で手続きが大変だと思えば、任せることも選択として考えてもよいでしょう。

Copyright © 2019 廃車買取の口コミは覚えておこう All Rights Reserved.